メンズの喪服 シャツ | 喪服専門通販 MONOIR(モノワール)

喪服・礼服通販サイト最大の品揃え・モノワール デザインバリエーション 150点以上 女性 100点以上 男性 50点以上
年代別ランキング
営業日について
10月 2017年
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
11月 2017年
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
定休日:
土日祝日
営業時間
平日:
9:30〜18:30

シャツ

男性の喪服は四季を通して着る機会が多いため、シャツの用意は、夏場は半袖でも構いません。できれば、白無地のシャツを長袖と半袖、各一枚ずつ持っていると葬儀の際に慌てなくて済みます。

男性の喪服用シャツ

白無地のシャツが喪服の基本

喪服のシャツを選ぶ際は、薄いグレーやストライプ柄、地模様の入ったデザインは避けましょう。ボタンダウンなどカジュアル性の強いシャツは、マナー違反になります。凝ったデザインは避け、シンプルな白無地のシャツを選びましょう。白無地シャツはビジネスシーンでも着用できるため一枚持っていると重宝します。

レギュラーカラーとダブルカラーの違い

喪服で着るシャツの衿には、レギュラーカラーとダブルカラーがあります。レギュラーカラーに比べると、ダブルカラーは衿の開きが30度ほど大きいため、首回りをすっきり見せてくれる効果があります。シャツの衿は体形に合ったカラーを選ぶことが大切ですが、一般的にはビジネスシーンで着用するレギュラーカラーを選ぶ方が多いようです。白無地シャツは、喪服だけでなく、どのシーンでも着用できるレギュラーカラーがおすすめ。